ADL ブログblog page

2016年04月05日 (火) 08:38

平成28年度ネットゼロエネルギーハウス支援事業の公募

平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の公募要領が公表されました
一次公募(H28年 4月28日(木)~ H28年5月20日(金)17時必着)から
六次公募(H28年 8月15日(月)~ H28年9月2日(金)17時必着)まで予定されています。
本年度は、申請する住宅をZEHビルダー登録した事業者が設計、施工または販売する住宅に限られます。
また、補助対象と金額も下記のように変更になっています
(1)一戸あたり 定額 125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
(2)寒冷地特別外皮強化仕様(1,2地域において外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅
 一戸あたり 定額 150万円
(Nearly ZEHとして、設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上削減されている住宅の場合は、定額 125万円

(2)蓄電システム
補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、以下のとおり加算。
蓄電システムの補助額 : 蓄電容量 1kWh当たり5万円
蓄電システムの補助額上限 : 補助対象経費 の1/3または50万円のいずれか低い金額

詳細は以下でご確認ください

http://sii.or.jp/zeh28/first.html
 


コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0