ADL ブログblog page

2015年07月03日 (金) 08:45

地域型住宅グリーン化事業の交付申請にかかる説明会

地域型住宅グリーン化事業にかかる1期応募の採択が出ましたね。270の提案申請すべてが採択されています。その関係なのか、当初見込んでいた、長寿命型、認定低炭素住宅の提案数よりも大幅に少ない数しか採択されていません。グループとしては、配分など難しい問題が出てきています。2次応募の採択と、別途公表されるゼロエネルギー住宅の採択数もあまり期待は持てそうにありません。
交付申請にかかる説明会がアナウンスされています。東京の7月24日を皮切りに5会場が予定されています。この日までには、2期応募、ゼロエネも採択が出ると思われます。

説明会については下記にてご確認ください
http://kkj.or.jp/chiiki-grn-koudo/info_grn-koudo.html
 

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0