ADL ブログblog page

2014年03月11日 (火) 08:29

東日本大震災から3年

東日本大震災から3年を迎えました。当日、テレビから流れる映像を見ながら、現実感なくただ見いっていたことを覚えています。日が経つにつれ被害の大きさを実感し、何かしなきゃと、昔のつてを頼りに子供用と大人用のおむつ、粉ミルクなど2トン分の荷物を送った記憶がうすれつつありました。
 震災から半年ほどたったころ、近所に被災された方が避難してこられました。どう声をかけたらよいかとまごまごしている僕らに、明るい笑顔でご挨拶してくださいました。その方も先月、仙台に家を買われ帰って行かれました。福岡に住む者として、さしてなにかができるわけもないのですが、被災された方々に思いをはせつつ、日々を暮していきたいと思う2014年の3月11日です。合掌

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0