ADL ブログblog page

2017年01月30日 (月) 08:18

ZEH補助金申請が伸び悩み?

平成28年度補正予算 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業費補助金。いわゆるZEHに対する経産省の補助事業ですが、28年度補正予算枠での申請数が激減しているようです。

1次公募採択数:1,093件
2次公募採択数: 審査中(申請数805件) 
ともに採択予算枠としては2,300件ほどを見込んでいました。
現在、3次公募中で4次公募予定も発表されています。

28年度補正予算枠については、本予算のように公募期間が見えなかったことと、28年度本予算分が(特に4次、5・6次)、住宅の一次エネルギー消費量削減率の高騰で採択の可能性が見えずらい中で、お客さまに提案しずらい印象があったという工務店さんのお声を多数聞きました。

いま補助金申請をお考えの方はチャンスです。是非お客さまにご提案されてみてはいかがでしょうか?

3次公募:平成29年1月23日(月)~平成29年2月17日(金)17時必着
       採択枠:約2,000件程度
4次公募:平成29年2月27日(月)~平成29年3月24日(金)17時必着

詳細は下記にてご確認ください
http://sii.or.jp/zeh28r/#info

 

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0