ADL ブログblog page

2016年03月01日 (火) 08:31

事業所・店舗などへの省エネ設備導入を支援します

平成27年度補正 中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金の情報が公開されました。
(1)同一事業者は本事業において最大3回まで申請ができます。
(2)既存設備の一部を改修する場合は、補助対象になりません。
(3)補助金額50万円以上(中小企業者・個人事業主は30万円以上)の事業であれば、申請可能です。
医療法人、学校法人、地方自治体等は、小規模な場合であっても、中小企業者には当たりませんのでご注意ください。
(4)テナントの方が単独で申請する場合は、建物の所有者了解を得た上で単独申請をすることとなります。
※業務ビル・商業施設のオーナーが設備を入れ替える場合は、オーナーが設備所有者として申請することもできます。
(5)不動産登記された建物に付帯している照明設備は、補助対象となり得ます。
ただし、この場合であっても、広告、看板等のライトアップに用いる照明は、補助対象外です。
(6)作成された見積書の作成日が公募要領の公開日以降のものが有効となります。

事業者向けの提案としては有効な補助事業ですね。

詳細はこちらでご確認ください。
http://sii.or.jp/kakumeitoushi27r/


 

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0