ADL ブログblog page

2015年05月09日 (土) 13:47

高性能建材導入促進事業二次公募開始

平成26年度「既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業」(補正予算に係るもの)の二次公募がはじまりました。

■申請期間(二次公募): 平成27年5月8日(金)~平成27年6月1日(月)17:00必着
※戸建住宅向けの審査は、補助事業申請期間内であっても事業規模に達した日の前日をもって公
募を終了し、事業規模に達した日以降に到着した申請分は原則受け付けないとのことなので、十分ご注意ください。

※集合住宅向けは一次公募から変更され到着順ではなく、申請期間内に到着した申請分は、要件の不適合、書類の不備等がない限り全て審査・選考対象とし、審査委員会において審査・選考を行い、上位のものから順に採択。

  • (1)審査・選考基準
    省エネルギー率当たりの事業単価:
    一次消費エネルギー削減率(エネルギー計算結果早見表を使用の場合は15%とし、個別計算の場合は当該削減率とする)に対する、ガラスまたは窓の改修面積1m2当たりにおける補助対象費用
  • (2)選考方法
    予算の範囲内で省エネルギー率当たりの事業単価が低い案件を上位とします。
    また、事業単価が同一と認められるものにあっては、事業規模(補助対象費用の合計額)の小さい案件が上位。

詳細は下記にてご確認下さい。
http://sii.or.jp/material26r/
 


コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0