ADL ブログblog page

2014年01月25日 (土) 08:30

長期優良化リフォーム推進事業の概要(2)

長期優良化リフォーム推進事業についてたくさんのお問い合わせを頂いています。
補助事業の概要を記載します。
■補助要件(抄)
(1)特定性能向上リーフォーム(劣化対策、耐震、省エネ、維持管理・更新の容易性)のうち
 劣化対策、耐震が「評価基準」のロを満たす事
(2)床面積55m2以上(戸建)共同住宅は40m2以上。1の階の床面積が40m2以上(共通)
(3)工事着手前のインスペクション
(4)H26.9末までの工事着手、H27.1末までの事業報告書提出

(1)の要件を満たして、省エネ改修(窓、断熱、給湯や照明、浴室、)やインスペクションで指摘された
 際の屋根、壁等の改修も補助対象に含まれます。

ロ基準:劣化対策→劣化対策等級2
     耐震性  →新耐震基準、耐震等級1、耐促法による耐震診断でlw≧1.0を確認のいず  
             れか。
 

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0