ADL ブログblog page

2013年09月16日 (月) 08:23

住宅セーフティネットの申請・完了書類が変わります

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業の交付申請・完了報告書類が変わります。
10月15日を以降に、交付申請、完了報告をする際は、申請時点の要件の確認、申請時点の工事が適切に行われた事を建築士が証明する書面が必要になります。
 この事業にかかる不正があることが伺われますが、当たり前のことですが、ルール通りに事業を行うことが前提です。お客さまとお話をしている際に、虚偽の申請に近い話が飛び出すこともあります。代行申請をさせて頂くものとして、そうした案件については、ご依頼をお断りしているのが現状です。補助金を活用する際はくれぐれも心したいところです。

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0