ADL ブログblog page

2013年09月07日 (土) 09:20

高性能建材導入促進事業

既築住宅における高性能建材導入促進事業が公募されて1ヶ月がすぎました。続々とお問い合わせを頂いています。使いづらいという印象をお持ちの方が多い中で、リフォーム案件には提案しやすいといことの裏返しかもしれません。すでに申請の代行を頂き発送まで終えた物件もあります。
 さて、一点不明な点がありまして、返答がないものがありますので注意点として参考にしてください。
この事業は、sllに登録された窓の交換、断熱材の施工が補助対象ですが、既存窓ででエコポイントで付けた内窓がある場合の見解が帰ってきません。高性能建材支援室は問わないようですが、エコポイント事務局が補助対象事業(内窓)の保全について回答してくれないと、後から補助金を返しなさいなんてことが一番困るので、確認中です。回答がありましたらお知らせします。

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


ADLの抗酸化工法とは

抗酸化とは、酸化による腐敗を防ぐという意味であり、抗酸化工法とは、抗酸化溶液を使って建物の腐敗進行を食い止める工法です。抗酸化工法によって建物が健康になり、それは、そこで暮らすお客さまの健康回復にもつながります。特に、シックハウス症候群(化学物質過敏症)への対策に有効で、家具・建材等に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質(ホルムアルデヒド等)を分解・除去する効果があるとの調査結果が出ています。使用する抗酸化溶液は、開発者である「(株)会田総合研究所」からの提供によるものであり、抗酸化工法.­.­.­
RSS 2.0